top of page
検索

地域別最低賃金の答申が出そろい、10月から全国平均1004円へ!

この間、各都道府県の地方最低賃金審議会で審議されていた、地域別最低賃金の答申が8月18日の佐賀を最後に出揃うことになりました。


政府が目指していた「全国加重平均1000円超」の目標は、各都道府県の審議を経て、「1004円」に到達することになり、平均の引上げ額も制度が始まって以来最高の「43円」となったということです。


この「43円」は、昨年度の平均額「961円」を「4.5%」引上げることとなります。

春闘による賃上げや消費者物価の動向などを踏まえても、高い水準であるといえます。


今後、異議申出に係る手続きを経て、10月以降新しい最低賃金が適用されることになります。


ちなみに、関西府県の「答申額(引上げ額)発効予定日」は次のとおりとなっています。

 ・滋賀: 967円(40円)10/1 

 ・京都: 1008円(40円)10/6

 ・大阪: 1064円(41円)10/1

 ・兵庫: 1001円(41円)10/1

 ・奈良: 936円(40円)10/1

 ・和歌山:929円(40円)10/1


兵庫だけが、中央の審議会が示した「目安」を1円上乗せする額となりました。

京都と兵庫が今回初めて1000円を上回ることとなりました。


全体の状況は、次の資料をご覧ください。


▸「令和5年度最低賃金額答申」(厚労省ホームページ) 


それではまた!




閲覧数:12回

Commentaires


bottom of page